slider-houmon01
slider-houmon02
slider-houmon03
slider-houmon04
Loading image... Loading image... Loading image... Loading image...

サービス概要

訪問看護は、看護師が自宅を訪問し、療養生活を送っている方やそのご家族に看護を行うサービスです。
本人や家族の意思、ライフスタイルを尊重して、QOL(生活の質)が向上できるよう予防的支援から看取りまで支えます。
また、本人のみならず、家族の健康状態もチェックし、一人ひとりの健康課題を早期に見出し、医師と連携して病気の発症や重症化を防止します。
訪問看護ステーションめいほうでは、看護師以外に理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ケアマネージャー・栄養士・介護福祉士等、多職種とも連携し状況に応じて他の在宅サービスも取り入れています。

 名称 医療法人明峰会 訪問看護ステーションめいほう
 電話番号 0770-23-3123
サービスの内容 ・病状・心身の状態の観察、健康管理のアドバイス
・療養生活や看護、介護方法のアドバイス
・食事ケア、水分・栄養管理、排泄ケア、清潔ケア
・ターミナルケア(ガン末期等、終末期の方でもご自宅で療養するためのケア)
・リハビリテーション
・認知症や精神疾患の方の看護
・家族等介護者の支援
・床ずれや創傷の予防や処置
・カテーテル等医療機器の管理
・医師の指示による医療処置
・保健・福祉サービス等の活用支援
 所在地 〒914-0056 敦賀市津内町3丁目6-38 明峰クリニック内

各種サービスのご案内

病状・心身の状態の観察、健康管理のアドバイス

バイタルサイン(体温、脈拍、血圧、呼吸状態など)をチェックし、心身の健康状態、などを観察し、状態に応じた助言と予防的支援をします。

療養生活や看護、介護方法のアドバイス

食事や運動、口腔ケア、排泄のケアなど様々な療養上の助言を行い、健康状態の維持・改善を図るとともに、生活のリズムを整えます。

食事ケア、水分・栄養管理、排泄ケア、清潔ケア

食事・水分・栄養に関しての相談に応じ指導します。
また、尿・便等のコントロール、指導、身体を清潔に保てるようケアします。

ターミナルケア

最期までその人らしい尊厳のある療養生活を送ることができるよう、本人や家族の思いに沿って援助します。

リハビリテーション

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がそれぞれの視点で、
運動機能の回復・維持・呼吸機能や摂食、嚥下機能の回復・維持、関節拘縮(関節の動きが悪くなる状態)の予防などについて助言や指導を行います。

認知症や精神疾患の方の看護

認知症や精神疾患の症状を理解した上で心身の健康状態を観察し、服薬を調整したり、周囲とのコミュニケーションがスムーズにいくよう援助します。

家族等介護者の支援

安楽な介護方法を助言したり、ほかの職種の方と連携することで家族の介護負担を軽減し、よりよい家族関係が保たれるよう支援します。

床ずれや創傷の予防や処置

床ずれなどの傷ができないよう、予防的な助言・傷の処置を行います。

カテーテル等医療機器の管理

膀胱留置カテーテル、経管栄養、気管カニューレ等の医療機器については、主治医の指示に従い管理します。

医師の指示による医療処置

点滴や採血、痰の吸引や床ずれ処置などの医療行為については、主治医の指示に従い処置します。

保健・サービス等の活用支援

地域包括支援センター、保健所、居宅介護支援事業所、市区町村の担当者などと連携して、
保健・医療・福祉の制度の紹介や導入、各種サービス提供機関との連絡や調整を行います。

ご利用までの流れ

ご利用の流れ

スタッフ紹介

管理者 名子 友紀

在宅療養で困ったらこの顔を思い出してください!在宅生活を支えていきます

常勤看護師 荒巻 洋子

出会った方たちに教えてもらったことを看護という形でご恩返しします

常勤看護師 山路 香織

敦賀初の認定看護師です。地域に目を向け利用者様に貢献します

常勤看護師 伊勢 康子

これまでのキャリアを発揮して利用者様やご家族に寄り添う看護をします

パート看護師 谷口 美紀

在宅療養での不安に向き合い一緒に考えていきます


平成30年4月より、訪問看護からのリハビリテーションを開始させていただいております。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のリハビリ三職種が揃っておりますので、多様なニーズに応える自信があります。
訪問看護師と連携を図り、利用者様に必要なリハビリテーションを提供させていただきます。


言語聴覚士 河野 友彦(こうの ともひこ)

明峰会で言語聴覚士として勤務しています。早いもので、この仕事について10年以上経ちました。 結婚し2人の子供にも恵まれたのも遠い昔のようです。 今では、加齢による衰えを実感することもあり、昔よりも高齢者様の気持ちを理解できるようになりました。 言葉が出てこない、ろれつが回らない、飲み込みがしにくい等の困りごとがあればお役にたてるか もしれません。皆様の立場にたった思いやりのあるリハビリを実施したいと思います。

理学療法士 上良 亜紀(こうろ あき)

この春から明峰会に勤務しています。 普段はデイケアじゃらんで理学療法士として働いています。 訪問看護をはじめ他職種の方々と連携し、利用者様やそのご家族様が少しでも穏やかに生活できることを目標に 在宅でのリハビリテーションを行いたいと思っています。

作業療法士 谷島 佳奈絵(たにしま かなえ)

昨年から介護老人保健施設リバーサイド気比の杜、通所リハビリテーションデイケアじゃらんで勤務し、 今年度からは訪問リハビリにも携わることになりました。 施設でのリハビリでは利用者様が在宅で生活できることを目標に行っていましたが、 これからは在宅での生活をより安全に過ごしやすく、その人らしく暮らしていけるよう、 一人一人の生活に寄り添ったリハビリを一緒にできるよう目指していきたいと思います。