施設案内

施設長挨拶

介護老人保健施設とは、介護保険で成り立っている施設ですが、単に収容して介護サービスを提供するだけではなく、病院など医療機関から家庭へ復帰するために、入所者の意思及び人格を尊重した施設サービス計画(ケアプラン)に基づいて、入所者がもつ能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるようにするとともに、家庭復帰をめざし、かつ家庭復帰に伴う条件整備を支援し、在宅での生活が継続できるように支援する施設であります。

介護老人保健施設には、以下に掲げる理念と役割があります。

  1. 包括的ケアサービス施設
  2. リハビリテーション施設
  3. 在宅復帰支援施設
  4. 地域に根ざした施設

これらを実現するため、個別ケアの実践と、認知症高齢者介護の確立を目指しております。

個別ケアの実践のために、「ユニットケア」という手法を取り入れております。これは、在宅に近い居住環境で、それまでと変わらない生活を続け、一人ひとりの個性や生活リズムに沿い、また、他人との人間関係を築きながら、その人らしい人生を送ることができるように介護を行うことです。また、認知症高齢者介護の確立のためには、認知症の原因疾患を診断して特別な治療をするのではなく、『その人らしさ』を再現する生活と環境づくりを大切にし、「パーソン・センタード・ケア」(その人を中心にした介護、その人らしさを尊重する介護)という手法を取り入れた介護を行っております。

そのほか、音楽療法や回想療法などを取り入れて、個人を最大限に尊重した、尊厳のある生活を送って頂けるような介護を心掛けております。

介護保険で成り立っている施設ですので、制度上、様々な制約がありますが、多職種共同で物事に臨み、いろいろなアイディアを出し合い、話し合いを重ねながら施設運営に取り組んでまいります。

介護老人保健施設 気比の杜施設長 佐々木 規之


© 2013 医療法人 明峰会 & リバーサイド気比の杜. All rights reserved.

〒914-0812 福井県敦賀市昭和町2丁目2801
TEL:0770-20-1171 FAX:0770-20-1172