フィットネス機器の紹介

フィットネス機器の紹介

fitness
明峰クリニック -メディカルフィットネス- では、各種最新の機器を取り揃えお客様にあったトレーニングなどを受けて頂けるよう心がけております。

ラットプルダウン

machine00
広背筋・大円筋・ 大胸筋・上腕二頭筋・上腕三頭筋を強化するためのマシーンです。

003
使用のポイント:動作中は背中を丸めないようにします。ハンドルを強く握るという感覚ではなく、引っ張る方向に引っ掛ける感じで握ります。反動をつけず、ゆっくり行います。

レッグエクステンション

machine02
広大腿四頭筋を強化するためのマシーンです。

004
使用のポイント:スタート角度(膝の角度)をきつくすると、必要以上に膝関節に負荷がかかるので十分注意してください。反動をつけず、ゆっくり行います。

レッグプレス&カーフレイズ

machine03
レッグプレスでは大腿四頭筋・大殿筋を強化、カーフレイズでは下腿三頭筋を強化するためのマシーンです。
005
使用のポイント:(レッグプレス) 足を肩幅くらいに開き、つま先はやや外側に向けて置きます。フィニッシュでは膝を完全に伸ばさないでください。反動をつけず、ゆっくり行います。

シーテッドロー

machine12
広背筋・僧帽筋・三角筋・菱形筋・大円筋を強化するためのマシーンです。
007
使用のポイント:胸を張った姿勢を意識して、背中を丸めないようにします。フィニッシュで胸当てパッドから胸が離れないようにします。反動をつけず、ゆっくり行います。

バックエクステンション

machine05
脊柱起立筋を強化するためのマシーンです。

008
使用のポイント:背中は丸めず、背すじを伸ばして行います。身体を垂直よりも後方に倒しすぎないで下さい。反動をつけず、ゆっくり行います。

アダクション&アダプション

machine07
内転筋群/外転筋群を強化するためのマシーンです。

006
使用のポイント:(アダクション) アーム同士が当たるところまで閉じます。
(アブダクション) 股関節に無理のない角度まで開きます。どちらも反動をつけず、ゆっくり行います。

クランチ

machine04
腹直筋を強化するためのマシーンです。

002
使用のポイント:背すじを伸ばさず、上体を丸め込むようにします。脚に力を入れないようにします。反動をつけず、ゆっくり行います。

ロータリートーソー&ツイスト

machine06
腹斜筋を強化するためのマシーンです。

001
使用のポイント:動作中は、背中を丸めないようにします。上体はできるだけ回転させないようにします。反動をつけず、ゆっくり行います。

 

Copyright © 2017 明峰クリニック メディカルフィットネス. All Rights Reserved